子犬は大人のドッグフードを食べることができますか?



多くの新しい子犬の飼い主は、利用可能な無数の食べ物の選択肢に圧倒されています。鶏肉か牛肉か?全粒穀物またはなし?質問は、ラップトップを1回クリックするたび、またはペットショップの通路を降りるたびに増えます。



最も一般的な質問の1つは、 大人のドッグフードとのために設計されたものの違い 成長している子犬 多くの新しい飼い主は、子犬向けに販売されている食品を本当に購入する必要があるのか​​、それとも大人向けに販売されている標準的な食品で済ませることができるのか疑問に思っています。

簡単な答えは?あなたは子犬に子犬の餌を与え、成犬に成犬の餌を与えるべきです 。どちらも異なる目標を念頭に置いて設計されています。

確かに何もありません 大人のドッグフードについてです。子犬は、奇妙な一杯のキブルを食べたり、兄の皿からモルセルを盗んだりしても病気になりません(ただし、消化器系のちょっとした動揺は別として)。ただし、長期的な被害 できる 成犬用ドッグフードの安定した食事の結果です。

大人のドッグフードは子犬の餌とはかなり異なって処方されており、これらの違いはあなたのペットの長期的な健康にとって重要です



ご想像のとおり、子犬の生物学と大人の生物学の違いは、異なる栄養要件として現れます。

おそらく驚くことではないが、子犬と授乳中の母親はどちらも比較的類似した栄養ニーズを持っている。これにより、米国飼料検査官協会( AAFCO )–ドッグフードの主要な規制機関–開発する 食品の2つの異なるカテゴリー:成人の維持と成長および繁殖 。私たちはそれらを略して大人と子犬と呼びます-ただそれを知っています 子犬のドッグフード 授乳中の犬にも適しています。

子犬の餌(成長と繁殖のレシピ)と大人の餌(維持)の最大の主な違いはタンパク質に関係しています。 子犬の食べ物はカロリーの22.5%をタンパク質源から得る必要がありますが、大人の食べ物はカロリーの18%だけをタンパク質から得る必要があります



大人は確かに子犬の餌のより高いタンパク質レベルに耐えることができますが、タンパク質のカロリー量が多いため、体重増加につながる可能性があります。

でも、 子犬は、大人の餌を与えられた場合、しばしば発達上の問題に苦しむでしょう そして彼らが必要とするタンパク質を奪われました。

犬のための最高のワーム薬

覚えておいてください:タンパク質は実際にはさまざまなアミノ酸のスープを指します。すべてのアミノ酸が同じように作られるわけではないので、 AAFCOが推奨する 異なるアミノ酸組成 大人と子犬のドッグフード用

アミノ酸組成の最も明確な対照のいくつかは次のとおりです。

  • 堤防
  • ヒスチジン
  • イソロイシン
  • ロイシン
  • フェニルアラニン
  • オヘニルアラリン-チロシン
  • テレオリン

AAFCOは、子犬用食品にこれらのアミノ酸のそれぞれの量を、成犬用食品に比べてほぼ2倍必要とします。 。これは、これらのアミノ酸が成長過程に固有のものであるためです。

子犬対大人のドッグフード

AAFCOはまた、子犬用食品に成人用食品よりも少し多くの脂肪を含めることを要求しています。ガイドラインに従って、 大人の食べ物はカロリーの5.5%を脂肪から得る必要がありますが、子犬の食べ物はカロリーの8.5%を脂肪から得る必要があります 。これは主に、子犬の餌がエネルギー密度が高いことを確認するためです。

脂肪には、タンパク質や炭水化物よりも1ポンドあたりのカロリーが多く含まれているため、子犬の餌には、内部の火を燃やすためのエネルギーが詰め込まれています。対照的に、成人の維持製剤は、より痩せて設計されているため、脂肪が少なく、したがって一口ごとのカロリーが少なくなります。

子犬用食品のミネラル含有量も、成犬用食品のミネラル含有量とは異なります。たとえば、AAFCOガイドラインに従って、 子犬の食べ物は1%のカルシウムでなければなりませんが、大人の食べ物は0.6%のカルシウムで十分です 。同様に、子犬の餌は0.8%のリンでなければなりませんが、ほとんどの成犬の餌はわずか0.5%のリンです。

すべてのライフステージの食品はどうですか?彼らは子犬にとって安全ですか?

成長と繁殖または成人の維持に適していると表示されている食品に加えて、 また、すべてのライフステージに適していることを示すラベルが付いた食品が表示される場合があります。

これらの食品は、ほとんどの健康な犬に適しています (彼ら 一部のシニア犬には良くないかもしれません )、 それで あなたは先に進んであなたの子犬にそれらを与えることができます

これらの食品は、成長と繁殖および成人の維持の要件を満たすように設計されています。しかし 子犬用食品の栄養要件は一般的な成人向け食品の栄養要件を超えているため、これらは本質的に子犬用食品であることを意味します

それらは多くの成犬よりもタンパク質と脂肪の含有量が高いため、そのようなレシピを与えられた成犬の体重に注意を払う必要があります。しかし あなたの犬が素晴らしくて滑らかなままである限り、彼らは大人にも問題ありません

子犬を大人のドッグフードに移行する

あなたの子犬が年をとるにつれて、彼の栄養ニーズの違いは変化します 。彼女は成長に貢献するために必要な食料の資源は少なくなりますが、メンテナンスをサポートするために必要な資源は多くなります。結果として、 彼女がこれらの変更を完了したら、彼女を成人向け食品に切り替える必要があります

ドッグフードを子犬に与えることはできますか

いつアダルトフードに移行するか

子犬の餌から大きな女の子の餌に変更するのに最適な時期を判断するには、獣医に相談してください。 ほとんどの犬は生後18ヶ月から24ヶ月の間に食べ物を変える準備ができています 。あなたの子犬が犬になる正確な年齢は個人によって異なりますが、 ほとんどの小さな犬種は比較的若い年齢で成熟しますが、ほとんどの巨大な犬種は完全に成熟するのに2年以上かかります。

徐々に変更する

餌の移行時の子の年齢に関係なく、徐々に移行することが重要です。

小さな大人のドッグフードを子犬の典型的な子犬の餌と混ぜることから始めます 。約10%〜20%が新しい食品の理想です。あなたの子犬がそれを十分に許容する場合(翻訳:腸の障害なし)、翌日新しい食べ物の量を2倍にすることができます。常に腸の苦痛を最小限に抑えるようにしてください。必要に応じて、移行を遅らせることを恐れないでください。

大型屋内犬小屋

完全に移行するには、通常、約1週間ほどかかります。 100%子犬用食品から100%成人用食品まで。

犬用食品で探すべきこと(年齢に関係なく)

子犬用食品とドッグフードは正確な栄養要件が異なりますが、大切な家族に提供する食品にはいくつかの特徴があります。良い食べ物の最も重要な特徴のいくつかは次のとおりです。

  • 良い食品は、主要なタンパク質源としてタンパク質を特徴としていますすべての年齢の犬と子犬は肉ベースの食事で最もよくサポートされているので、骨抜きチキンのようなものを探してください、 アヒル 、牛肉、豚肉または サーモン 最初にリストされた成分として。
  • 良い食品には、染料やフレーバーなどの不要な添加物は含まれていません人工着色料やその他の添加物は、子犬の食事に重要なものを何も追加しません。 食物アレルギーを引き起こす可能性があります 。幸いなことに、ほとんどの高品質の子犬用食品では、これらの種類の材料がレシピから除外されています。
  • 最高の食品は、食品安全プロトコルが高い国で作られています米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、西ヨーロッパなどの国では、通常、子犬の食品に有害な成分が含まれていないことを確認するのに十分な規制がありますが、他の国で製造された国では、そのような規制がないことがよくあります。
  • 良い食品には副産物や肉粉が含まれる場合がありますが、それらは具体的に特定する必要があります副産物や肉の食事は、ほとんどの人にとって完全に嫌な音に聞こえますが、多くの場合、子犬の食べ物にとって実行可能で完全に受け入れられる成分を表しています。しかし、あなたがあなたの犬が何を得ているかを知るために、それらは種によって識別されなければなりません。

***

ご覧のとおり、子犬にニーズに合わせて設計された餌を与えることは重要ですが、拘束されている場合は、犬に1〜2匹の成犬用ドッグフードを提供することもできます。新しい食べ物はおなかを混乱させる可能性がありますが、少量の大人の食べ物で病気になることはありません。

子犬に大人の餌を与える必要があると思ったことはありますか? 彼女はそれをどのように処理しましたか?以下のコメントであなたの経験について教えてください。

興味深い記事